制震工事・耐震工事

相模原市、町田市で新築、改築、リフォーム工事で、地震の揺れを軽減、耐力制震Ωシステムをご提案します。

耐震構造とは、土台や柱、梁など建物の構造体を強くすることによって地震に対抗するものです。筋交いを入れた耐力壁にしたり、土合と柱をホールダウン金物でしっかりと補強するなどして建物の耐震性能を高め、地震で建物が揺れても被害を少なくすることができます。繰り返しの地震には倒壊する可能性がある。物が飛んだり(テレビ、タンスなど)します。
制震構造とは、地震をエネルギー吸収して、建物の揺れを抑え、構造体の損傷が軽減されるため繰り返しの地震に有効。大規模建築物に採用する事が多かったが、近年では戸建て住宅への効果も検証され、採用する例が急増している。免震に比べて、コストは安価。建物の揺れを軽減します。
免震構造とは、地震の揺れがそのまま建物に伝わらないような免震装置を建物と基礎の間にダンパーなどはさみ込んで、地震力の侵入を低減する仕組みです。
地盤と絶縁する為、デメリットとなるのはコスト高や免震装置を設置するにあたって地盤や建物の構造の制約があること。
当社が推奨する耐力制震壁Ωシステム、変形、復元で繰り返しの余震にも耐える。地震の振動エネルギーを吸収します、壁倍率4倍,地震エネルギー69%カット、木造2階建て(在来工法)延床130㎡程度の住宅であれば4セット設置、設置箇所は1階外壁X・Y軸方向バランスよく配置します。リフォーム工事に対応しております。
       耐震工事                       制震工事
    土台の取替・筋違・金物取付補強            揺れを軽減する耐震、制震工事
OLYMPUS DIGITAL CAMERA P1020635(1)

 

                         制震取付金物 延床面積130㎡程度で4セット
img1

                                                                                                                     国土交通大臣認定 【壁倍率4倍】

                                                                            耐力制震壁Ωシステム施工工事
P1020661(1) P1020636(1)

 

 

 


サーモバリアとは
遮熱工事について
サーモバリアの効果
導入事例
制震・耐震工事とは
制震・耐震工事について
その他
お問い合わせ
ブログ
内外装全面リフォーム工事
屋根、外壁遮熱工事
耐震工事、制震工事
基礎補強工事